社風


【ありかた】
率直でヘルシーな社風

株式会社Flucleでは、自分がどうしたいのか、自分は何者かを常に問われます。自己を仕事でどう表現するかを相手に伝える力も求められます。そのためにはまず、意思や悩みを率直にシェアしあうこと。その上で相手の価値観を認め合えば、異なった意見を受け入れたり議論できる、風通しのよい環境が生まれます。心も環境も開放的で、外の世界と溶け合っていくヘルシーさを持った社風です。

【関係性】
信頼がベースにある社風

疑心暗鬼や勘ぐりから生まれる束縛や無駄なルールを排除し、気持よく働ける環境を目指す社風があります。相手を信頼し、メンバーが最大のパフォーマンスで仕事ができるよう配慮しあっています。創業よりフルリモート、フルフレックスで事業を展開してきましたが、それは信頼関係がなければ実現できなかったことです。「会社は、安心安全な場であるべき」という思想が体現されています。

【働き方】
放し飼いな社風

驚くほど自由に放し飼いされている社風です。時間場所や服装だけではなく、担当領域をどう動かすかの裁量もかなり自由です。社員からすると不安になるほどマネジメントが大雑把ですが、その代わり、自律と自発の精神が求められます。全体像の見えない広大なマーケットで価値を創造するには、各自がいい塩梅の自由度で動き回る方が効率がよいともいえます。ただしどこかに柵はあるのでしょう。今はまだ見えませんが。

おまけ 社風としての「燻し」:創業時より、社内飲み会で燻製をつくる習慣があります。「燻す」は殺菌・殺虫のために煙を出すという意味を持ちます。社風としての燻製は、受け身な姿勢や信頼関係を壊す行動という、心の害虫を出さない仕組みが具現化したものです。