株式会社Flucle(フラクル)のミッション

 「働くを」カラフルに

 

代表挨拶

株式会社flucle 代表取締役 三田弘道

私は大学院時代に社会保険労務士の資格を取得し、卒業後から今までずっと人事労務に携わっています。
たくさんの会社の労務管理に携わるなかで、労働トラブルも多く見てきました。
同じビジョンのもと、一緒に働こうと誓った会社と社員が争っていく様子は、見ていてとてもつらい気持ちになりました。

働くことをもっと幸せにするためにはどうしたらいいか?それを考え続けて、株式会社Flucleを起業し、「働くをカラフルに」というミッションのもと、サービスの提供を行っています。

「働くをカラフルに」というミッションには、2つの思いが込められています。

ひとつめは「働くことが生きがいになる社会をつくりたい」という思いです。
もしかしたら、毎日の仕事や作業にグレーや黒のイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし「働く」という人生の大半を占める大きな要素に、そのようなイメージを持ってしまうのは、本当にもったいないことではないでしょうか?
もちろん仕事は楽しいことばかりではありません。
しかし新しい挑戦や困難、恐怖、失敗…その中には成功体験もあるはずです。そんな経験を積み重ねで、働くことがどんどんカラフルになっていく。そんな人を、ひとりでも多く増やします。

ふたつめは「多様な働き方ができる社会をつくりたい」という思いです。
人生100年時代といわれる今、人が求める働き方は多様化しています。「副業で自分の会社を持ちながら働きたい」「子育てのために短時間かつ自宅で働きたい」など、今までは少数派だった働き方が、どんどん一般的になっていきます。

今はまさに、「会社」という概念が変わる転換期だと感じています。

会社の歴史は、たかだか400年のものです。会社に属している人も、「もっと自分が自律的に働かないと、会社は存続できない」と感じているはずです。
会社と働く人が、上下関係ではなく同じビジョンを目指すパートナーとなるような、新しい信頼関係を目指しませんか?

みんなが安心して働けるルールづくりを。
みんなが自由に働ける環境づくりを。

私たちは、世の中の人が「働く」を起点にして、幸せになれる世の中を目指していきます。