人生と仕事を楽しくする、新しい自分ブラッシュアップ手段

非日常の環境と「引き算」の時間が、集中力とアウトプットの質を高めます

株式会社Flucleでは、よりよい生き方・働き方の実現のために「リトリート×仕事」を提唱しています

リトリートとは

リトリートとは、「隠居・避難」「隠れ家・避難所」の意味を持つ言葉です。

近ごろでは、日常で身を置いている環境から一時的に離れて、個と向き合う時間を取るための場所と、そこに行くことを指しています。

4つのRと、リトリートの関係

リトリートとは、「非日常に身を移す」というアクションを指します。

近年になり認知が進み始めたリトリートですが、その方法や場所に明確な定義が無いため、リトリートは様々なやり方で行われています。

旅先でサイクリングをすることは「リトリート×レクリエーション」です。しかし集団で行い、馴染みの関係の中で時間が過ぎるのであればそれは単純な「レクリエーション」ということになります。
またひとりで行ったリトリート先でマッサージを受け、心身ともに緩め切った状態になることもあるでしょう。それは「リトリート×リラクセーション(あるいはレスト)」です。

現在一般的に行われている「リトリート」には、森林浴やヨガ、瞑想、山歩きなどの何かしらのコンテンツがセットされていることがほとんどです。つまりリトリートにいずれかのRが加えられ、何らかの効果を得ることを目的とされているのです。

株式会社Flucleの提唱する「リトリート×仕事」とは

株式会社Flucleでは、リトリートに「仕事」を組み合わせています。

それは、リトリートと仕事は対極にあるように見えて、実はとても親和性が高いものだと考えているからです。


リトリート先で得られる感覚は、リラックスやレクリエーションから得られるものとは少し違います。

リトリートで非日常に身を移し、脳の可能性を引き出した先にあるものは、弛緩でも緊張でもない「平常」であり、人の持つ能力や可能性は、その「平常」のときに一番発揮されます。

「リトリート×仕事」は、日頃の仕事環境から離れて五感を開放し、脳と自分の可能性を充分に引き出すための仕事コントロール法でもあるのです。

【その他、リトリート×仕事で得られる効果】

・人間の基本的な状態に立ち返り、そのベースとなる身体と脳の調整ができる
ジャンクな情報でいっぱいの脳のゴミ箱を空にして、自分の空き容量を増やすことができる
決してリラックスやスピリチュアルとは違う、無駄を省いたシャープな思考を体験できる
仕事をめいっぱい面白くするための「アウトプットの質の向上」のヒントが手に入る

リトリート×仕事では、たとえばこんなことをします

ひとりで行く「ヒトリート」

貸切の古民家にこもり、静寂の中で徹底的に五感を研ぎ澄ませます。要らない情報を排除することで集中力をアップさせ、パソコンに向かう仕事と、読書を交互に行います。

またデジタルデトックスのための散策や、入浴・瞑想などを組み合わせることで、より一層の効果を得ることができます。じっくり考える時間が取りたい経営者、邪魔をされずに自分の仕事と向き合いたい管理職など、日頃多忙な方におすすめです。

 

風通しの良い組織をつくる「チームリトリート」

初夏の山寺での、半日研修の様子です。日頃一緒に働いているチームで行きながらも、まずは個人の時間とデジタルデトックスの時間を取ることで、一気に非日常の環境へ心身を移します。

その後、集中したミーティングタイムを設けることで、意見交換がスムーズになります。アイデアを生み出しやすい環境をつくることができるため、少人数組織のチームビルディングにおすすめです。

 

 

徹底的に仕事と向き合う「リトリート×仕事」

とにかく外部を遮断し、アウトプットに集中する時間を取ります。初めて行く場所で、波の音など自然音に囲まれ、一種のトランス状態に自分を導き、徹底的に仕事を進めます。

SNSやメール受信を可能な限り中止し、自分の能力を最大化することに特化します。デザイナー、エンジニア、ライターはもちろん、企画書や資料を一気に仕上げたいビジネスマン向けのリトリートです。1日では効果が出にくいため、数日間の企画をおすすめしています。

 

プロ講師を招いて行う「星空瞑想」

宿泊を伴うリトリートの場合、夜の時間を有効に使うことが求められます。それは、夜から早朝にかけての「脳の使い方」をいつもと違うやり方にすることで、ストレス状態から回復するための心身メンテナンスが可能だからです。

季節に合わせたプログラムで、効果を最大化します。またチームの一体感や感覚共有がしやすくなるという効果も見込めるため、複数人で1泊以上の企画を組む際は、導入をおすすめしています。

 

リトリート×仕事は、こんな人におすすめ

 

 

 

 

 

 

いつもの環境下では、なかなか自分の力を最大限に発揮できていないと感じる人におすすめです。

本来持っているスキルや可能性を最大限に仕事に反映させることができず、それ自体にストレスを抱えてしまう原因はたくさんあります。日本で働く社会人であれば、多かれ少なかれ、下記にあるようなストレスをいくつも抱えながら仕事をしていることでしょう。

 

そのストレス要因は、大きく「閉塞感」と「多忙さ」に分けることが可能です。

上記の状態から抜け出すために有効なのは、「一時的に仕事をする環境を変えてみる」ことと、「一時的に情報過多の状態から離れてみる」ことです。

自分の状態があまり良くないと感じたとき、集中して成果を上げたいとき、迷いと向き合い自分なりの答えが欲しいときの、有効なメンテナンス方法として、気軽に・柔軟に人生に取り入れることが大切です。半日〜数日間のプログラムで、驚くほど効果を実感することができます。

リトリート×仕事は、仕事という人生の中で大きな比重を占める要素の中で、息苦しさを感じたときに行える、効果的なセルフメンテナンス方法なのです。


「リトリート×仕事」では、閉塞感とは真逆の環境に身を置き、デジタルデトックスによって情報を遮断します。日頃いかにストレスの多い環境で仕事をしているかを実感し、また自分の能力を気持ち良くアウトプットすることで、蓄積された心身の「不要データ」を削除します。


リトリート×仕事を成功させるための3つの条件

株式会社Flucleは、リトリート先で「仕事」をし、その過程から結果までを楽しむための多くのノウハウを持っています。

リトリートを、単に「遠い場所や変わった場所に行くこと」にしてしまうと、効果を実感することはできません。効果を求めるためには、「環境の選定」「デジタルデトックス」「成果を出すプログラム」という3つの条件をクリアする必要があります。

リトリートの難しいところは、自分の脳内に変化を起こすことを、自己啓発本でも食べ物でもなく「非日常の環境」にゆだねるというところです。社会に毒された状態から「環境と五感に身をゆだねる」ことは、慣れないと短時間では不可能です。

また、効果的な環境の選定が何よりも優先されます。単に自然のある環境に行けばいいという訳ではありませんし、一般的な日本のリゾート地には、快適に仕事ができる環境は整っていません。加えて、情報を遮断しストレスから解放するための「デジタルデトックス」も必要不可欠です。

それらの要素を組み合わせ、求める成果に向かってた最適なプログラムがあって初めて、リトリート×仕事は成功します。

 

リトリート×仕事と、組織の関係

本来リトリートでは、ひとりの時間が最優先されます。ひとりで非日常の環境に身を置き、誰にも邪魔されず五感をフルに使うことで、ジャンクな情報やストレスから遮断され、その人の能力が最大化されるからです。ただし、誰も見ていないからと気を緩め切ってしまうと、効果に結びつかないというデメリットも持っています。

効果としてはひとりで行く「ヒトリート」が最適ですが、リトリートに「仕事」という要素を加える以上、時にチームで行うことは避けられなくなります。チームリトリートは、その企業風土にマッチしたプログラムを組むことで、コミュニケーションと同時に組織全体の業務効率化のヒントを得ることが可能です。

チームリトリート体験者の声

飲みにケーションや、無理やりな自己開示をさせられることなく、チーム内で「お互いの感覚理解」が進んだ。結果、悪化していたコミュニケーションが改善し、人間関係の風通しが良くなった。

会話をたくさん交わしたわけでもないのに、自然の中で仕事をする気持ち良さを共有できたことで、不思議と相手に共感できるようになった。表面的な「仲良し感」を超えたチームワークが構築できた。

チームリトリートでは、「どのような環境で仕事をするか」という場所の問題だけではなく、「どこがチームにとって成果の出せる環境なのか」を見極め、ストレスなくそこに身を置くための準備が重要になります。それは、「リトリートで自分が知った感覚を、他のメンバーも知っていると感じるだけで、深い部分での認知共有ができ安心する」という、言語を超えた根源的なコミュニケーションが進むからです。

プロの企画で、リトリートに行ってみませんか?

リトリート先に何を求めるか、そして日常がどのような状態で、どれくらいそこから乖離させた環境が必要なのかを知るには、徹底したヒアリングと事前準備が必要です。

「リトリート×仕事」は、人事と研修のプロである株式会社Flucleが、「働くをカラフルに」するため、そして自ら選択した働き方をより充実したものにするため、「人の力を最大化するためには何が必要か」を考え抜いてたどり着いた、人事領域で一番ソフトな施策です。

株式会社Flucleの「リトリート×仕事」についてもっと知りたい方は、連載レポートをお読みください。より一層の理解をしていただけることと思います。
「リトリート×仕事」レポート一覧
リトリートと仕事は両立できるのか〜プロローグ〜
その会議、会議室でやる必要ありますか?〜リトリート会議のすすめ〜
リトリート×仕事は、日帰りでも効果が出るのか
リトリート×仕事を、社員全員でやってみた
リトリート×仕事で、めっちゃ遠くまで行ってみた 

株式会社Flucleでは、実際に「リトリート×仕事」に行き、その効果を体感してもらう仕組み作りを提供しています。「個人で行きたいので、プログラムを組んで欲しい」「組織やチームで行くときのノウハウが知りたい」という方は、お気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら