多様な働き方ルール構築

多様な働き方とは、「職場において定時で働く」以外の働き方です。多様な働き方のルールを整えることは、働き方改革のベースとなり、さまざまな能力を持った人材を活用するための核となります。

どうして「多様な働き方のルール」が必要なのか

働き方に対する考え方が多様化している

「精一杯定年まで働いて定年後はゆっくり余生を過ごす」という考え方はすでに大多数ではありません。

たくさん働いて成長したい人もいれば、残業をせずにプライベートを楽しみたい人もいます。
複数の会社で勤務したい人もいれば、ノマドワーカーやアントレプレナーを目指す人もいます。

そのため、働くための選択肢を提案し、多様な才能を十分に生かす環境をつくることが、これからの会社には求められていきます。

 

女性やシニア、介護者などの労働人口が増えている

労働人口は年々減少しているため、会社の価値を高めるためには今まで以上に女性やシニアの活用が必要となっていきます。

しかし、子育てや介護などの家庭の事情で、職場まで毎日通勤し、フルタイムで働ける人はそう多くありません。だからこそ、働く意欲があり、能力も持つ人たちが、多様な選択肢から働く環境を選べるようなルールを整備していくことが大切です。

また、人生のステージに合わせて働き方に緩急が付けられるようなルールがあることで、長期的に働いてもらうことが可能になります。

会社へのコミットが持ちにくくなっている

終身雇用が当たり前だった時代は、社員が会社に対して貢献するのが当たりまえでした。しかし、労働人口が減り、転職が活性化している今、会社は社員から「選ばれる側」にあります。

そのため、社員を会社に縛り付けるのではなく、会社に残り続けてもらう理由が必要となっています。優秀な人材に長くコミットしてもらうためには、柔軟な働き方を提示し、「この会社で、長く働きたい」と思ってもらうことが必要です。

 

さまざまな労働制度

法律で定められているものも含め、多数の労働制度や働き方があります。

●「固定勤務制」「短時間勤務」「固定残業時間制」「シフト制」「フレックスタイム制」
●「テレワーク(自宅勤務)」「ホワイトカラーエグゼンプション」「事業外みなし労働制」
●「限定正社員」「兼業・副業」「起業・独立・業務委託」
●「1年単位の変形労働時間制」「1カ月単位の変形労働時間制」「専門業務型裁量労働制」「企画業務型裁量労働制」

これらの働き方を柔軟に導入することは、会社・社員両方にメリットをもたらします。

【会社にとって】
・多様な才能を見つけ、採用力を上げることができる
・業務の繁閑に合わせた働き方ができることで、生産性が上がる
・社員自らが働き方を選択するため、自分の役割にコミットする

【社員にとって】
・自分で働き方を選べるため、ライフスタイルに合わせた勤務ができる
・出産や介護など、ライフイベントに対応しやすい
・大学院への通学や他業界での経験など、多様なキャリアを積むことができる

 

株式会社Flucleの多様な働き方ルール構築の特徴

ルール作りから法律整備、運用支援までを一貫して行います

単純にワークスタイルの選択肢を増やすだけではなく、会社として、社員にはこう働いて欲しい・こうなって欲しいという、「働き方」に対する考え方やビジネスモデルをしっかりとヒアリングし、最適な選択肢をご提案します。

また、社会保険労務士が就業規則修正や労使協定締結までを一貫してサポートします。もちろん最新の法律にも則った内容になっています。

 

 

つくって終わりにはさせません

多様な働き方のルールは、つくっただけでは誰もうまく活用できません。そのため、ルールをつくって終わりにするのではなく、その先にある給与計算や就業管理などの運用のフローまで考慮して作成します。

また、実際に制度を利用する社員の方に分かりやすいよう、社員向けルールブックを作成し、周知する仕組みづくりをご提案します。

 

 

アフターフォロー体制も整っています

勤務ルールを自由にするほど、生産性が落ちる可能性があります。実際、フレックスにしたことで生産性が落ちた事例もあります。そのため、工数管理システムを導入し、作業にかかっている工数をしっかり把握する必要があります。

生産性が下がっている場合は、労働制度やルールの変更を行うということを最初に社員へ伝えます。そして工数やアンケートでチェックし、随時改善を行います。

 

まずはお問合せください

現場を知り尽くした社会保険労務士が、最適なルール構築をサポートします。

お問合せはこちら