【香りのプロに日本の美意識を伝える】宿坊での香道研修

エステ事業運営会社さまのマネージャー研修に、弊社の「日本文化体験研修」を導入していただきました。

対象:女性マネージャー
人数:22名
場所:勝尾寺宿坊
概要:日頃よりエステ運営に携わり、アロマの知識を持って業務に当たるマネージャークラスの女性社員に、
「香道から学ぶ・日本の美意識と香り」についての研修を実施。

触れることの少ない香道の知識研修と「組香」体験を通じ、香りを扱うことへの
更なる興味と日本独自の美がどう心に影響するかを学ぶ時間をご提案させていただきました。

特に「マネージャーたちに、いったん仕事から離れて香りの魅力と遊び心を再度感じて欲しい」という
取締役の想いを聞き、今回の研修では単に香りを聞く「問香」ではなく、複数の香木の香りを
記憶し当てるゲーム「組香」体験を提供しました。

日常ではアロマのプロとして、ハイクラスのエステで顧客にサービスを提供しているマネージャー
ということもあり、香りへの感度は非常に高く、また道具や成分などに具体的な興味を持たれて
いる姿からは、「香りのプロとして精進したい」という高い意識を感じました。

香道では香りを嗅ぐではなく「聞く」と言います。心を澄まさないと香りを聞くことができません。
しかし日常の業務に追われていると、香りを聞くために集中することもできません。
特に顧客へのホスピタリティが求められる業界では、単なる知識披露を超えた「本質の提供」が
必要になるため、この研修のような西洋と東洋の文化の両方を知り現場に還元することは、深み
のあるサービスの提供につながります。

【参加者の声(抜粋)】

◆香りの立て方や温度、湿度などいろいろな条件で変わり奥深く、また違った視点でアロマの
ことも考えることができましたし、人生いろいろ経験して自分の知識や感覚の幅を広げて
いきたいと感じました。
◆最初は「香りの違いなんてすぐ分かる!」と思っていたのですが、もともと同じ木という
こともありすごく似ている香りで分かりずらかったです。精油と全然違うと驚きました。
◆日本ならではの伝統継承された繊細な文化に触れることができ、貴重な体験をさせていただいた
ことに感謝します(中略)サロンのスタッフ達にも体験してもらいたいと思いました。
◆自分の目、耳、鼻、感覚を信じていこうと思います
◆香りを比べるときに味覚をイメージするのはなるほど!と思いました。
◆香道は集中力が大事だと感じました。「癒し」ではなく平常心へ導くものという言葉が印象的
でした。
◆先生の所作や表情、話の面白さ、内容の構成も私たちセラピストも参考にできると思います。
◆仕事がら香りに触れていたつもりでしたが、知らない香りの世界があり、お客様とのコミュニ
ケーションのツールとして伝えていきたいと思います。
◆香木の貴重さもうかがい、香りを扱うセラピストとして精油やオイルをもっと大切にしていこう
と改めて思いました。

 

株式会社Flucleでは、業界別・課題別に日本文化をアレンジし、ただの体験ではなく必要な
エッセンスを抽出することで受講者の意識をアップさせる研修を提供しています。

【日本文化体験研修のプログラム例】
・顧客から360度姿を見られる接客業のための、美と粋を知る研修
・ハイクラスのサービスが求められるホテルやエステ業界のための、スペシャル教養研修
・秘書、コンシェルジュのための「一歩先を読む美学」研修
・飲食業スタッフのための、流れる動きと気配りを身に付ける実践研修
どのような日本文化コンテンツがマッチするか、様々な角度からのヒアリングによってご提案
させていただきます。

研修についてのお問い合わせはこちら
お問合せ