人事制度構築

”使える”人事制度を構築します

社員が増え始めたら

少人数で会社を運営していた頃の人事制度をそのまま使っていると、いざ本格的な成長期に入ったときに、制度と現実にひずみができてしまいます。また、人数が増えることにより、社員全員に目が行き届かないという弊害も生まれます。そうなってしまうと、正しい評価ができなくなり、組織の根幹が崩れて社員離脱を招く可能性もあります。

人事制度をしっかりとつくった方が良い人数の目安は30人からですが、目的によっては10人程度の会社でも必要となる場合があります。

中途採用が多い会社の給与を適正に

中途採用が多い会社の場合、一定期間が過ぎると、社員の実力と給与にバラつきが生じます。賃金テーブルに整合性を持たせ、実力に見合った給与を支払うためにも、人事制度をしっかりとつくっておくことは大切です。

スピーディーな採用と公正な評価で、会社を支える根幹である「人」を守ることが、安定した経営に結びつきます。

 

会社が求めていることを明確に

「もっと、こう働いて欲しい」経営層の思いやビジョンを正しく伝えるためにも、会社の現状に即した人事制度は必要不可欠です。

社員全員と、頻繁な面談などでコミュニケーションが取れない場合は、会社の思いや価値基準を人事制度に代弁させ、社員全員に会社の求めることを周知させることができます。また会社の求める能力・知識・勤務態度を明確にすることで、上司と経営層による明確なフィードバックも可能になり、万が一のトラブル発生時にも説明がしやすくなります。

 

社員の成長支援

社員の頑張りに応え、成長を支援するためにも人事制度は役立ちます。会社からのキャリアパスを明確にし、「どうしたら成長できるか」「何をしたら昇給するか」という基準を示しておくことで、インセンティブ設計も明確になり、社員のモチベーションを上げることができます。

また結果だけではなく経過を理解し評価するためにも、分かりやすい基準は必要です。人事制度は、マネージャーが部下を育て会社を発展させるための武器にもなり得るのです。

 

会社の経営戦略に同期した人事戦略を

会社は、変化するものです。特に、これからは時代に合わせたスピーディな変化が求められます。しかし、働き方改革に代表されるような、「新しい概念」が出始め、どうしていいか揺らいでいる会社が多いのも事実です。

人事制度は、会社のステージに合わせて見直しが必要なものですが、「昔、社労士につくってもらったまま放置している」という会社が多いのも、これまた事実です。しかしこれからは、会社の戦略に同期した「人事戦略」が求められます。それは、人材確保がますます厳しくなることに加え、人と「仕事」の結びつき方が急激に変化するからです。

人事制度構築の目的は、社員を評価して給与を査定することではありません。会社が社員に求めていることを伝えるための効果的なツールでもあり、社員制御ではなく、成長を支援するためのものでもあります。つまり、これからの会社と社員の成長のためには「使える人事制度」が、必要不可欠なのです。

株式会社Flucleの人事制度構築の特徴

徹底したヒアリング

人事制度は、安直に「つくればいい」というものではありません。まずは会社理念とビジョンをはっきりさせ、現状の課題解決が本当に人事制度でできるのか、その場合の人事制度がどのような役割を担えるのかを明確にします。

たとえば、問題が制度ではなくコミュニケーションにある場合もあります。情報共有ができておらず評価がうまくいっていないというパターンでは、いくら評価制度を刷新したところで同じ問題が生まれてしまいます。

そのため、会社理念に沿った人事制度をつくるため、社員の本音を聞き、問題点を洗い出すためのヒアリングを行います。いかに会社・社員の両方の立場に立ってコミュニケーションを取りヒアリングができるかが、使える人事制度構築のカギとなるのです。

シンプルな評価制度

人事制度は、単なるルールです。だからこそ、細かく設定しようと思えば、どこまでもつくれます。ただし、評価項目が多い制度がよい制度とは限りません。それよりも、よく分からない評価や点数制度のせいで、よく分からない結果が出ないようにすることが必要です。。

株式会社Flucleの評価制度は、いかにシンプルに、そして何を伝えたいのかを明確にするかにこだわっています。チェックすることが目的となっている評価制度では、公正な人事評価などできないからです。

社内で使いこなすためのサポート

人事制度は社会保険労務士がつくるものではありますが、実際の運用者が理解・説明できないと、つくった意味がありません。また、項目の中には社内用語もつかわれるでしょう。だからこそ、テンプレートを使わずに、運用者に自分の言葉で書いていただきます。

これは運用がはじまった後に、運用者が社員の疑問や悩みに的確に応え、またトラブル回避ができるようになるためです。社内で理解・運用しやすい人事制度構築をつくることは、会社運営を活性化させる大切な要素です。

また、完全に浸透するまでの期間は、必要に応じたフォローも行います。評価者研修実施、会議やフィードバック面談への参加、浸透度チェックのアンケート実施などを通じ、現場課題の解決をサポートします。

導入後、お渡しできるもの

「評価シート」「ルールブック」「キャリアパス」「賃金テーブル」「等級表」「賃金シミュレーション」

※社員説明会実施も支援します。その際は、社員の納得度を上げるため、経営層もしくは運用担当者に、自分の言葉で話していただくことをおすすめします。

まずはお問合せください

人事労務の領域から、価値を生み出す会社づくりを徹底サポートします。

お問合せはこちら