パワーハラスメント防止研修

組織で問題視されている「パワーハラスメント」とは

パワーハラスメントを現場の課題と捉え、大きな事件になる前に防止したいと考える会社が増えています。そのためには、単なる事例紹介で終わらない、具体的な研修を導入する必要があります。

パワーハラスメントとは

厚生労働省より、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義づけがなされています。

パワーハラスメントは、「同じ職場、職務上」など、対象範囲が限定されており、その上で3つの要件を必要としています。
①行為者の優位性(パワー)
②業務の適正な範囲を超えていることとその行為の継続性
③相手が精神的・身体的にダメージを受けている、又は職場環境を悪化させている

パワーハラスメントの6類型

厚生労働省は上記構成要件に加え、典型的なパワハラ行為を6つに整理しています。
①身体的な攻撃(暴行・傷害)
②精神的な攻撃(脅迫)・暴言)
③人間関係からの切離し(隔離・無視)
④過大な要求(完遂不可能な業務の強制、仕事の妨害)
⑤過小な要求(仕事を与えない)
⑥個の侵害(プライベートへの過度の立ち入り)

この中で、①②についてはどの職場で解決できる問題ではなく、暴行罪や傷害罪に該当する法律問題として委ねるものです。一方、③〜⑥は、コミュニケーション上・マネジメント上の問題とすることができ、一般的なパワーハラスメントに関する企業研修等で取り扱われている内容です。

しかし、なぜこれまでの研修では、パワハラ問題の解決には至っていないのでしょうか。

今までのパワーハラスメント研修に抜けていたこと

「管理職研修」で学ぶことといえば、将来の経営人材の育成ためマーケティングやファイナンス、新規事業等の戦略系マネジメントスキル、部下指導や組織マネジメント等の人組織系マネジメントスキル等があげられます。

しかし企業によっては、戦略系マネジメントスキルを重要視するあまり、人組織系マネジメントスキルを概要だけで済ませていることが多いのではないでしょうか。

また、人組織系マネジメントスキルの中で重要とされるコミュニケーションでも、「いかに部下を効率的に動かせるかを学ぶこと」という、誤った認識を持たれているケースもあります。

多様な価値観が存在する中、人組織系マネジメントで重要なのは、「多様な価値観が存在する中で、自他の価値観の違いを知り、そのギャップに対して適切に振舞い、解決していく対話力」「自他の価値観のギャップから生まれる感情に対する理解とマネジメント力(感情マネジメント)」を身につけることです。

パワーハラスメント対策には、組織・環境的アプローチと人的アプローチが必要です。そこでまずは、組織・環境的アプローチを視野に入れながら、実践性が高く即効性がある人的アプローチ(感情マネジメント)を行うことをおすすめしています。

このような組織におすすめ

まだ大きな問題は起きていないが、リスクマネジメントの一環として検討を始めている

同業他社でハラスメント研修を実施しているのを、よく耳にするようになった

実際に社内で問題が起きたことがあり、リアルな危機感を抱いている

パワーハラスメントは、人間関係の根幹を揺るがす根深い問題です。問題が起きる前に、部下を持つ管理職や感情マネジメントを必要とする立場の人には、防止スキルを身に付けてもらうことをおすすめしています。

株式会社Flucleのパワーハラスメント防止研修の特徴

実用性を重視したワークを行います

一般的な「パワハラ研修」は、事例紹介と知識のインプットに重点が置かれており、「知れた」という満足感はあるものの、実際の現場で役に立てるにはハードルがあるのが現状です。しかし株式会社Flucleの研修では、対象者の属性や課題に合わせたワークを行うことで、翌日から使える「スキル」を持ち帰っていただきます。

単なる知識より、個体差から生まれるギャップを認識することが先であり、人と人が価値観を探るコミュニケーションを取ることこそがパワハラ防止の根本だと考えているからです。

コミュニケーションを軸にした内容です

パワハラ研修の受講後は、リスクばかりに気を取られ、部下と話したくなくなるケースが多いと言われます。しかし株式会社Flucleの研修では、「翌日から部下とコミュニケーションを取りたくなる」という変化を目指します。

「避けるのではなくしっかりとコミュニケーションを取った方が、パワハラ防止になる」というマインドチェンジのため、「こういう話し方がいい」「こうしたらコミュニケーションが取れる」という具体的な方法を知っていただきます。

そのため、ただ単に「社員とトラブルを起こさなければいい」と思っている会社には不向きの研修です。そうではなく、パワハラの原因はあくまでコミュニケーション不全であること、それを解決したいと望んでいる場合には、最適な研修と言えます。

現場を熟知したプロが研修を行います

常日頃から人事の現場にいる社会保険労務士と、組織のコミュニケーションを円滑にするアンガーマネジメントのプロが、ルールと感情の両側面から研修をカスタマイズします。

パワハラの原因はコミュニケーションであることを解きほぐし、双方の価値観をすり合わせて、ハラスメントの起きにくい組織風土醸成をサポートします。

 

まずはお問合せください

  株式会社Flucleのパワーハラスメント防止研修で、適切なリスクマネジメントを。

お問合せはこちら