人生100年時代の生き方・働き方を考える

子どもたちに「会社で働くって、自由なことだよ」と伝えるために

しなやかな働き方ができる社会を

戦後の高度成長期を経て、日本の働き方は大きく変化しようとしています。
そのスピードはとても速く、ほんの数年後のビジョンですら、時代遅れになるかもしれません。

かつては、長期的な人生設計をたて、その計画に合わせて資産運用をし、人生マップ通りに駒を進めることが「いい生き方」とされてきました。

しかし、これからはそうではありません。

もっと自由に、柔軟に、しなやかに、各個人が自分の人生をプロデュースする必要があります。

これは決してネガティブなことではありません。

「今まで当たり前だと思っていた固定概念から離れ、自分のスキルを可視化し、正当な報酬を得て、そのときどきでベストな選択ができる」

そのような働き方ができる時代を、皆でつくっていくのです。
とても素晴らしいことだと思いませんか?

会社が、未来の社会をつくる

「会社」は、たくさんの価値を生み出せます。

経済的価値、サービス、文化、新しいニーズ、人材…

社会を形成し、豊かにするために必要なものが、今日もたくさんの会社から世に生み出されています。

そして今、「会社」は「未来の働き方」を生み出すときを迎えています。

個人が社会を変えることは困難ですが、会社が社会を変えていくことは、不可能ではありません。
会社とは、それくらいの影響力を持つものなのです。

子どもたちに「会社で働くって、とても自由なことだよ」と伝えられる社会を、つくっていきませんか?

株式会社Flucleは、人事労務のサポートを通じ、これからの「働く」に向き合っていきます。

 

 

株式会社Flucleの3つのサービス