株式会社Flucle(フラクル)のコーポレートミッション

我々は、人事労務を通じ、一人ひとりが目をキラキラ輝かせて生きる世界を実現する。
その小さなゆらぎから、世界にゆらぎを起こしていくことを使命とする。

株式会社Flucleのスローガン

 「働くを」カラフルに

代表挨拶

私は、大学を卒業後、ずっと人事労務に携わってきました。
労務管理をサポートしていると、多くの会社のルールが「会社VS社員」で語られていることに気付きます。

たとえば、会社の利益が減るから給与は低く抑えたい。また、社員の悪事に対しての罰則を定めておきたい。しかしそれでは、人の可能性を押さえつけ、主体性を持てず言いなりになるか、余計にマイナスなことを考える社員を増やすだけです。だからこそ私は、会社と社員がもっと信頼しあえることが、これからの社会にとって必要だと考えました。

「働くをカラフルに」というスローガンには2つの思い込められています。

ひとつめは、「働くことが生きがいになる社会を作りたい」という思いです。もしかしたらみなさんは、毎日の仕事や作業にグレーや黒のイメージを持っているかもしれません。しかし「働く」という人生の大半を占める大きな要素に、そのようなイメージを持ってしまうのは、本当にもったいないことではないでしょうか?

もちろん働くことは楽しいことばかりではありません。新しい挑戦に困難はつきものです。新しいステージに行くときには、乗り越えないといけない壁もあるでしょう。しかし、そこには「打ち込める仕事」があって、「成功体験」があって、「お客様と一緒に感動できる一瞬」がある。

その経験を積み重ねることで、働くことがどんどんカラフルになっていく。
そんな人を、ひとりでも多く増やしたいと思っております。

ふたつめは、「多様な働き方ができる社会を作りたい」という思いです。人生100年時代と言われる今、人が求める働き方は多様化しています。「副業で自分の会社を持ちながら働きたい」「子育てのために短時間かつ自宅で働きたい」「海外の大学で勉強するために3か月間休職したい」など、今までは少数派だった働き方が、どんどん一般的になっていきます。

そして、さまざまな思いを持った社員を迎える会社には、社員一人ひとりが人生ビジョンにあった働き方を選ぶための、「新しいルールづくり」が必要になってくるのではないでしょうか。

今はまさに、「会社」という概念が変わる転換期だと感じています。会社の歴史は、たかだか400年のものです。そして、会社に属している人たちも、「もっと人が自律的に働かないと、会社は存続できない」と感じているはずです。

だからこそ、みんなが安心して働けるルール作りを。みんなが自由に働ける環境づくりを。
私たちは、世の中の人が「働く」を起点にして、幸せになれる世の中を目指していきます。

株式会社Flucle 代表取締役
三田弘道